スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バックやサイフもイイけど・・・

高級ブランド品・・・・・あまり僕には縁が無さそうな物
おそらく心底好きな人は、こだわりのブランドがあって
王道のデザインや新作にたいして強い思い入れがあるのかな?
とか思います

そんなわけで、今日は「エルメス」がデザインしたスパークリングワインを御紹介します

DSCN4935_convert_20160224202725.jpg

ルイマックス・クレマン・ブルゴーニュ・ブリュット
産地 フランス
ブドウ品種 ピノノワール・シャルドネ
価格 ¥7,000
特徴 グレープフルーツのような香りでクリーミーな泡立ち、
    柑橘系の柔らかな後味で余韻が残る味わい。


シャンパン製法で造られた美酒、大切な人との記念日はもちろん、
新社会人のお祝いにも最適です
華やかなオレンジ色にデザインされたボトルが、特別な日を彩ってくれますよ


マネージャーいくた
スポンサーサイト

ワインのいろいろ

みなさんは“ワイン”といったら何を思い浮かべますか?

一言でワインといっても白、赤、泡以外にもタイプが異なる物もあります。
今日はそれを分かりやすく説明します


主に4種に分類されるのですが、

・スティールワイン(非発泡性ワイン)
スティールワイン
いわゆる白、赤、ロゼ、一般的なタイプがコレです。
世界中の生産量の90%以上を占め、価格も安い物から高額な物まで様々です。

・スパークリングワイン(発泡性ワイン)
泡ワイン
発酵課程で発生する炭酸ガスの一部をワイン中に溶かした物。
ビン内発酵、タンク内発酵、吹き込み法などがあります。
・シャンパン(フランス)
・スプマンテ(イタリア)
・カバ(スペイン)
   が代表的です。

・フレーバードワイン(香草系ワイン)
フレーバードワイン
スティールワインにハーブや果汁を加えた独特な風味を持つワイン。
香草系ならチンザノやノイリーなどのベルモット(イタリア)、果実系ならサングリア(スペイン)が有名です。

・フォーティーファイドワイン(酒精強化ワイン)
フォーティーファイドワイン
その昔、船で赤道を越えられる強いワインを造ろうと考えられたのがコチラです。
通常のワインに比べ、アルコールが強化されており、
・ポートワイン(ポルトガル)
・シェリー(スペイン)
・マルサラ(イタリア)
・ヴァンドナチュール(フランス)
 が代表的です。

味はどれも全く違うのに全て「ワイン」と名乗る物ばかり

目的に応じて飲むシチュエーションも変わる訳ですが、昔の人が現代に残した食文化や酒文化の数々、それを想いながら一口ずつ味わってみると今までにない奥深さを感じるはずですよ


マネージャー いくた

トスカーナより愛を込めて

店の構造上、プリモのワインセラーは皆様の目に触れない所に置いてあります。
出番を静かに待っているワイン達の中で
「テヌータ ディ トリノーロ 2008」
プリモワインの総大将を御紹介します
DSC08694_convert_20140727161843.jpg
テヌータ ディ トリノーロ 2008
産地 イタリア トスカーナ州
品種 カベルネフラン35% メルロー35% カベルネフラン25% プティヴェルド5%
価格 35,000
特徴 カシスやイチジク、紫の花の香りで柔らかい口当たり。
見た目からは意外なほど果実味と酸味のバランスが取れていて滑らか、
熟成が進んだ今からが飲み頃の逸材。


赤身質の肉はタンニンと酸味を優しく吸収する働きがあるそうです。
牛ヒレや牛ロースなどと一緒に口にするトリノーロは格別ですよ
一番美味しい状態でお飲み頂くために、2~3日前に抜栓させて頂く事をオススメします。


マネージャーいくた

洗練されたカクテル「京桜」

僕がカクテルの世界に飛び込んだのは22歳
働き始めた店や横のつながりのある先輩方は実績と実力のある人達ばかりでした。
接客の難しさや酒の奥深さを知れば知るほど、自分の中でチカラの差が広くばかり。
落ち込んだ姿なんて見せたら「辞めちまえ!!」と容赦ない罵倒を浴びせるキビシイ方々でした
そんな威圧感たっぷりの先輩の一人がその昔に、
サントリー主催のカクテルコンペティションで優勝した一つのカクテルがあります
DSC08483_convert_20140529163229.jpg

DSC08484_convert_20140529163350.jpg
京桜
山崎 25ml
桜リキュール 25ml
レモン 10ml
フランボワーズ 1tsp


考案した方は既に引退されて別の道を歩いていますが、
カクテルは今も色んな方が楽しんでいます。
ウイスキーに乗せた桜の風味が後味にほんのり木イチゴの味わいへと流れてゆく奥深い味わい、プリモでも人気の一杯です。



マネージャーいくた

濃厚すぎる赤ワイン

数あるブドウ品種の中でプリミティーヴォ(別名ジンファンデル)は僕が一番好きなタイプの味わい、赤ワインです。
共通するのが「凝縮された果実味とボリューム感」ですが、色々飲んでみると味わいも様々。
今までも何種かプリミティーヴォのワインを紹介してきましたが今回は特に濃厚な味わいの
「プリミティーヴォ ディ マンデュリア オーバー70(セッタンタ)」を御紹介します
DSC08693_convert_20140727161635.jpg
「プリミティーヴォ ディ マンデュリア オーバー70  2010」
産地 イタリア プーリア州
品種 プリミティーヴォ 100%
価格 12,000円
特徴 樹齢70年以上の古樹から採れたプリミティーヴォのみ使用、深いルビーレッドの色合いで完熟したチェリーの香り。
滑らかで力強い果実味は濃厚すぎて一口目で心を奪われます。
後味にはカカオフレーバーが広がりバニラのニュアンスも。



静かに寝かせ続けて数年後の成長を感じたい一本、
しかし同じくらいすぐにでも飲みたいと思わせる濃厚な味わいです
これ、スゴイです。

マネージャーいくた

プロフィール

【プリモディーネ】

Author:【プリモディーネ】
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。